出版活動

images著書

「大阪落語 日本文化中心部の滑稽な話芸」(予定  大学出版局にて書評中)

著書(共同執筆)

『Defamiliarizing Japan’s Asia-Pacific War』(日本のアジア太平洋戦争再考察)W. Puck Brecher & Michael Myers 編 (University of Hawai’i Press  2016年出版予定)内「Rakugos Negotiation of Militarism during the World War II Years」(第二次世界大戦中の落語)

9781107034242A History of Japanese Theatre』(日本の演劇史)Jonah Salz 編(Cambridge University Press, 2016年)内「Spotlight – Popular Arts: Rakugo and Misemono」(大衆娯楽の落語と見世物)

51rS03XGOnL._SY344_BO1,204,203,200_Rising from the Flames: The Rebirth of Theatre in Occupied Japan, 1945-1952』(炎より立ち上がりて – 占領時代(1945年〜1952年)の日本演劇の復活)Samuel L. Leiter 編(Lexington Books, 2009年)内「Laughter After Wars: Rakugo Under the American Occupation」(戦争直後の笑−占領下の落語, 231-255頁)

学術論文

「Using Yoshikono and War to Save Rakugo in Osaka」(戦争下における大阪落語とよしこの)(書評中)

Jippensha Ikku, Hizakurige, and Comic Storytelling」(十返舎一九と「膝栗毛」と落語の関係)『Early Modern Japan: An Interdisciplinary Journal』 第20巻 2012年 46-75頁(査読付き)

Travel and Tabibanashi in the Early Modern Period: Forming Japanese Geographic Identity」(近世日本における旅と旅噺 日本人の地理的の意識の形成)『Asian Theatre Journal』 第25巻1号 2008年3月 101-121頁(査読付き)

学術書評

「Performing Culture: Representations of Commoner Performance in Early Medieval Japan」(文化を演じて 中世初期日本における庶民の芸能の表現)Ashton Michael Lazarus 著(エール大学の博士論文, 2014年  総ページ数317頁)『Dissertation Reviews』2016年3月

『Henry Black: On Stage in Meiji Japan』(ヘンリー・ブラック−明治時代の舞台に立ちて)Ian McArthur 著(Clayton: Monash University Publishing, 2013年  総ページ数274頁)『Asian Theatre Journal』第32巻2号675-680頁(2015年 秋)

『The Undiscovered Country: Text, Translation, and Modernity in the Work of Yanagita Kunio』(未発見の国−柳田国男の作品におけるテキスト、翻訳そして現代性)Melek Ortabasi 著(Cambridge: Harvard University Asia Center, 2014年  総ページ数329頁)『Bulletin of the School of Oriental and African Studies』第78巻3号662-664頁(2015年10月)

『Yukio Mishima』(三島由紀夫)Damian Flanagan 著(London: Reaktion Books, 2014年  総ページ数256頁)『Bulletin of the School of Oriental and African Studies』第78巻2号426-427頁(2015年6月)

『Publishing the Stage: Print and Performance in Early Modern Japan』(舞台から出版へ  近世日本における印刷と演劇)Keller KimbroughとSatoko Shimazaki 編(Boulder, Colorado: Center for Asian Studies, University of Colorado Boulder, 2011年  総ページ数247頁)『Japanese Language and Literature』第46巻1号 67-73頁 (2012年)

『Rakugo: Performing Comedy and Cultural Heritage in Contemporary Tokyo』(落語  現代の東京におけるコメディーと無形文化遺産を演じて)Lorie Brau 編(Lanham, MD: Lexington Books, 2008年  総ページ数257頁)『Asian Theatre Journal』 第26巻1号 191-194頁(2009年)

其の他

「落語は海外にどう見せるべきか」早稲田大学演劇博物館・2016年度秋季企画展 図録『落語とメディア(仮)』

長島弘明教授 (東京大学) の講演「 江戸時代の名句の誤読」(2016年1月25日、ケンブリッジ大学アジア中東学部・東アジア研究科の招待講演) の英語字幕。全文 (5412語、 許可なく転載禁止)

「演博での一年を振り返って」(訪問研究員エッセイ)『演劇博物館 enpaku book』第111巻 (2015年3月)

雑誌『ランニング・タイムズ』に提出した小論文「Long Before Asics and Mizuno: Hikyaku, Japan’s First Running Elite」(アシックスとミズノのはるか前に 日本の初エリートランナーであった飛脚)  ロジャー・ロビンソン著「Running Messengers: The Great Tradition」(走るメッセンジャーとその伝統) (2010年12月, 382号, 78頁) に感謝文あり。全文  (2130語、 許可なく転載禁止)

ホノルル・アカデミー・オブ・アートのロバートF. ランゲ財団ギャラリーで「Poets and Printmakers: Literary Themes in Japanese Prints」(俳人と版画家 版画における文学テーマ) の学芸員 (2010年1月28日〜3月28日, 十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の版画を担当)。

fb_icon_325x325  プロフィール    研究/その他の活動    お問合せ先   imgres

one-line

Advertisements